沿革

昭和7年 5月
寺本 新三郎(創業者)が横浜市鶴見区潮田町1丁目18番地において
(1932年5月)「寺本有限会社」を設立し梱包及び運送業を開業
昭和11年 5月
寺本工業株式会社(資本金100万円)を改組し
東京芝浦電気株式会社・小向工場(現:株式会社東芝)との取引を推進
昭和21年 9月
株式会社東芝・小向工場における放送機器等の梱包業務を請負う
昭和29年12月
一般区域(限定)貨物自動車運送事業経営免許を取得(東京陸運局)
運送を分離し寺本運送有限会社を設立
運送業務の本格的活動が始まり株式会社東芝と協力関係を強化
昭和33年 4月
梱包業務の拡充を図るため、寺本梱包株式会社(資本金100万円)の改組
昭和35年 5月
運送業務の一層の拡充を期して寺本運送株式会社(資本金500万円)の改組
東芝商事株式会社の他、東芝商品の販売各社、並びに株式会社東芝の関連会社等、
逐次、荷主の開拓を推進
昭和39年 3月
一般区域貨物自動車運送事業経営免許(東京陸運局)を取得、事業内容を拡充
昭和39年 3月
株式会社東芝・日野工場における生産製品全般の梱包事業を請負う
昭和43年 7月
株式会社東芝・青梅工場における生産製品全般の梱包事業を請負う
昭和46年11月
取締役社長に 寺本 攻 が就任、取締役会長に寺本 新三郎が就任
本社を横浜市鶴見区向井町4丁目85番地3号へ移転
昭和59年10月
株式会社寺本(資本金200万円)を設立
株式会社東芝・青梅工場の梱包資材の販売、梱包作業並びに資材管理の業務を開始
昭和60年 6月
株式会社延山製作所の配送業務を請負う
昭和63年 9月
寺本梱包株式会社の増資を行い1,000万円となる
平成元年 6月
寺本運送株式会社の増資を行い1,000万円となる
平成 2年 8月
代表取締役社長に 寺本 慶子 が就任
平成 2年 9月
貨物自動車取扱事業の認可を取得
平成 5年 4月
一般貨物自動車運送事業の首都圏への事業区域拡張(関東陸運局)
平成 7年11月
株式会社寺本の増資を行い1,000万円となる
平成11年 4月
役員改選 代表取締役社長 寺本 慶子 が取締役会長に就任
取締役副社長 寺本 直樹 が代表取締役社長に就任
平成11年 9月
神奈川県川崎市川崎区大川町に川崎営業所を設立し事業拡張のため倉庫を新設
平成12年2月
産業廃棄物収集運搬事業の許可を取得、貨物軽自動車運送事業の許可を取得
平成14年11月
株式会社東芝・府中事業所における放送機器全般の輸送業務を請負う
平成18年5月
一般建設業の許可を取得
平成18年8月
株式会社東芝・府中事業所において校内移設作業及び梱包作業を請負う
また株式会社東芝・府中事業所調達部と派遣契約及び業務請負を締結
平成19年11月
特定労働者派遣事業の届出受理
平成20年 9月
輸送部門の強化の為、専務取締役 寺本 俊之 が代表取締役専務に就任
平成21年 3月
グリーン経営認証を取得
平成23年12月
Gマーク安全性優良事業所認定を取得
平成24年10月
グループ3社を合併し社名を「株式会社テラモト」に改名
(2012年10月) 代表取締役社長に 寺本 俊之 が就任
平成26年 2月
神奈川県川崎市川崎区池上新町に川崎営業を移転、倉庫事業を拡張する
平成26年12月
神奈川県川崎市川崎区大川町倉庫を営業倉庫として認可を受ける
平成27年 6月
神奈川県川崎市川崎区大川町13-3 大川町第2倉庫稼動
平成27年 9月
大川町第2倉庫を営業倉庫として認可を受ける
平成29年 4月
労働者派遣事業の許可を受ける
平成29年 8月
一般建設業の電気通信工事業の許可を受ける